プログラマが選ぶ超イカしたホイール修理20選最新の記事

銀行は当座貸越手数料を自分の裁量で借越項目をカバーし

いくつかの銀行によって提供されているより最近の製品は、「バウンス保護」と呼ばれています。

 

小規模な銀行は、銀行のゲイン追加手数料収入を助ける第三者の企業により投与プランを提供しています。[ 12 ]より大きな銀行はバウンス保護プランを提供していますが、代わりに自分のアカウントの契約条件に開示されているように当座貸越を処理しない傾向があります。

 

いずれの場合も、銀行は当座貸越手数料を自分の裁量で借越項目をカバーし、充電することを選択することができる、の量は、開示してもしなくてもよいです。従来のアドホックカバレッジとは対照的に、支払うか、または誇張アイテムを払っていないために、この決定は自動化され、このような顧客の平均残高、口座の当座貸越履歴として客観的な基準に基づいており、口座数は、顧客が銀行で保持し、これらのアカウントが開いていた時間の長さ。[ 13 ]しかし、銀行は、自動化された基準が満たされた場合でも、当座貸越を支払うことを約束するものではありません。

 

バウンス保護計画は、信用の当座貸越ラインと当座貸越のアドホック報道にいくつかの表面的な類似性を持っていますが、別のルールの下で動作する傾向があります。信用の当座貸越ラインと同様に、バウンス保護計画の残高は、顧客の利用可能残高の一部として見ることがあり、まだ銀行は、伝統的なアドホックカバレッジと同様に、誇張アイテムの支払いを拒否する権利を留保します。銀行は一般的に支払われる各当座貸越のためのワンタイム料金を請求します。銀行も口座がマイナス残高を持っている間、日ごとに定期的な毎日の手数料を請求することがあります。

 

批評家は資金が消費者に前進すると返済が予想されるため、そのバウンス保護はローンの種類であると主張している。[ 14は]銀行が契約当座貸越をカバーする義務はありませんので、「バウンス保護」によって規制されていない貸出中の真実法律一定の虚偽の広告を禁止し、ローンの条件の開示を求め、。歴史的に、バウンス保護は、彼または彼女の許可や知識がなくても、消費者のアカウントに追加することができます。

プログラマが選ぶ超イカしたホイール修理20選について


アルミホイール修理 東京町田ホイール修理
カテゴリー
更新履歴
銀行は当座貸越手数料を自分の裁量で借越項目をカバーし(2016年2月 5日)
マウスは有線が良いかもしれない(2015年10月28日)
ニキビ石鹸おすすめ(2015年10月 4日)
ヤミ金弁護士相談安全地帯(2015年10月 4日)
デリケートゾーンの臭いケア(2015年10月 3日)